【ピエール瀧】映画「ゾッキ」で仕事復帰。原作内容と撮影場所・公開日は?

芸能

どうも!yasmaeです。

ピエール瀧さんが今月仕事復帰(俳優業)を再開するとのニュースが入ってきました。

薬物を摂取したとして2019年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のテクノバンド『電気グルーヴ』のピエール瀧さん(52歳)が、今月下旬に俳優業を再開させることLivedoorNEWSで報じられました。仕事復帰は映画のようで、竹中直人さん、山田孝之さん、斎藤工さんの3人が監督する映画「ゾッキ」のようです。

2019年3月の逮捕から11カ月ぶりの仕事復帰となるそうです。

今回は、【ピエール瀧】映画「ゾッキ」で仕事復帰。原作の内容と撮影場所・公開日は?と題しまして調査していきます。



【ピエール瀧】映画「ゾッキ」で仕事復帰。原作内容と撮影場所・公開日は?

「ゾッキ」とは?

ゾッキは漫画家大橋裕之さんの初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」が原作だそうです。

風変わりな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、その一部を基に映画の脚本を製作したと言われています。

*ちなみに、

ゾッキ本(ぞっき本、 – ぼん)とは、古本・古書市場にて極めて安い価格で売られる新品本を指す。赤本、特価本、新古本、バーゲンブックとも

が由来になっているそうです。

ピエール瀧さんの役柄は?

漁師の定男だそうです。原作では別の漁師が

「定男がシャバに出てくるってよ」

と話題に挙げる場面で名前のみ登場しているキャラだそうです。

ピエールさんの出演シーンは今月下旬に撮影予定とゆうことです。

撮影場所は?

場所は、大橋さんの生まれ故郷の愛知県蒲郡市で全編ロケを行うようです。

そして蒲郡市では行政・企業・民間から組成される【映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会(仮)】を発起し、撮影協力以外でも、委員会メンバーを追ったドキュメンタリー制作や出演者オーディションの開催や、映画とのコラボ商品開発、エコ・チャリティー活動などに取り組んでいくそうです。

市全体で『ゾッキ』を盛り上げていくんですね!

公開日は?

2021年全国公開を予定しているそうです。

楽しみですね!



ネット上では?

仕事復帰を喜ぶ声がある中、

ピエール瀧が復帰するのね これが一般企業のサラリーマンなら解雇だし誰も必要としないのだろうけど ピエール瀧は誰か必要としている人達が居る、ということなのね 一方の宮迫氏はアンチから必要とされて堂々とYouTube出て叩かれまくってるからこれもまた社会の縮図…かな?

などと、考え深い意見もありました。



まとめ

今回は、【ピエール瀧】映画「ゾッキ」で仕事復帰。原作内容と撮影場所・公開日は?と題しまして調査してきました。

私の意見としては、ピエール瀧さん仕事復帰のニュースを知って単純に「見てみたいな」と思いました。

皆さんはどう思うでしょうか?

 



 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました